さくらちゃんは13歳のイタリアングレイハウンドの女の子です。

飼い主さんが帰宅したら、痛そうにキャンキャン鳴いているとのことで来院しました。

診察では首に痛みがあることが分かったので、鎮静下で詳しい検査をすることにしました。

首の痛みは、椎間板ヘルニアや、脊髄の腫瘍などいろいろなケースがありますが、検査の結果、尾側頚部脊椎脊髄症(CCSM)が原因と考えられました。

CCSMは頸椎(首の骨)の不安定症から、頸椎の中にある脊髄が圧迫され、首の痛みや四肢のふらつきや麻痺などを起こす病気です。

もともと大型犬に発生が多いのですが、最近では小型犬でも報告されています。

さくらちゃんの頚髄は4-5,5-6番目で砂時計用に圧迫され、前後方向(頭尾側方向)に引っ張ると圧迫が軽減されることが分かりました。

 

 

 

 

 

 

 

手術では第4頸椎、第5頸椎、第6頸椎を前後方向に引っ張った状態で固定することを計画しました。

 

 

 

 

 

 

手術後は3日で痛みもなくなり、歩く状態も改善しました。

順調に元気になってきたさくらちゃんですが、もともと皮膚のアレルギーがあり、首を激しくかいたことで起立不能になってしまいました。

検査を行ったところ、第3頸椎と第4頸椎の間で脊髄が圧迫されていることが分かりました。

ドミノ効果と言われますが、脊椎の固定を行うと、その前後に負担がかかり、同様の症状が出ることがあります。

さくらちゃんは3椎体固定したことと首に過剰な力が加わったことで、頚髄の損傷が起きたと思われます。

今回は首を曲げることで、脊髄の圧迫が解除されることがわかりました。

手術は脊椎の背側の骨をとることで、脊髄の圧迫をとる背側追及切除術(Dorsal Laminectomy)を行いました。

手術後3週間後には自力で歩けるようになりました。

現在は首のひっかき防止のために、特注のコルセットをつけています。