愛知県豊田市の動物病院 ゆう動物病院 犬・猫手術 整形外科(骨折・脱臼)
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 元気になったペット紹介

元気になったペット紹介

うたちゃん:トイプードル

  うたちゃんは11歳のトイプードルです。 「元気も食欲もなく、吐いている。フラフラしている。」と当院に来院されました。   血液検査をして、血小板の減少が認められました。 また、血液凝固系検査でも異 …

みかんちゃん:日本猫

みかんちゃんは4歳の日本猫です。 「1か月前から顔に傷ができて、エリザベスカラーをしていても膿が出てくる」とのことで当院に来院されました。     通常の外傷ではないため、皮膚の各種検査と全身の精査を …

さくらちゃん:ミニチュアダックスフンド

12歳のミニチュアダックスフンドのさくらちゃんは、胆のうが大きく膨らみ、中身の胆汁がうまく流れなくなってしまいました。 それに伴い血液検査で肝臓・胆のうの数値も上昇していました。 このままでは胆管が閉塞し、黄疸が出る危険 …

ココちゃん:ポメラニアン

ポメラニアンのココちゃんは遊んでいてイスから落下し、左の前腕(橈骨・尺骨)を骨折しました。 他院で応急処置をした後、当院に来院されました。 トイ犬種の橈骨尺骨骨折は高いところから落ちたりすることで、良く起こる骨折です。 …

花ちゃん:Mix

花ちゃんは10歳のワンちゃんです。急に左の後ろ足をかばうようになったとのことで来院しました。 花ちゃんは以前にも両方の後ろ足のかかとの脱臼(浅指屈筋腱の脱臼)を起こしたことがありますが、今回はひざの前十字靭帯の断裂が原因 …

ぴあのちゃん:チワワ

ぴあのちゃんは左前足をかばうようになったとのことで、受診されました。 手根関節(手首の関節)が過伸展しており、レントゲン検査、超音波検査から尺側手根屈筋腱の損傷が疑われました。 手根関節の過伸展の治療は関節固定術やギプス …

ヒメちゃん:Mix

ヒメちゃんは階段から落ちて、右の上腕骨を骨折しました。 体重が3kgぐらいですが、上腕骨の内顆・外顆柄(赤の矢印)が大変細く、小さなプレートとスクリューを使って固定しました。 上腕骨の遠位は複雑な形状をしているので、これ …

トラちゃん:Mix

トラちゃんは15歳のねこちゃんです。 後ろ足が動かなくなったとのことで来院しました。検査の結果、胸腰部の椎間板ヘルニアが疑われ、手術を行いました。 脊髄造影写真の赤い矢印のところが、脊髄が圧迫されている場所になります。 …

ラブちゃん:Mix

ラブちゃんは右の前十字靭帯断裂を起こし、その2か月後に左の前十字靭帯断裂を起こしました。 前十字靭帯が断裂すると半月板を損傷する場合も多く、かなり後ろ足をかばうようになります。 ラブちゃんも両側とも半月板が損傷しており、 …

ポン助ちゃん:ヨークシャーテリア

ポン助ちゃんは左前足をかばうようになったとのことで、受診されました。 手根関節(手首の関節)が過伸展しており、レントゲン検査、超音波検査から尺側手根屈筋腱の損傷が疑われました。 手根関節の過伸展の治療は関節固定術やギプス …

モモちゃん:ミニチュアダックスフンド

表在性膿皮症 および 脂漏性皮膚炎 12歳のミニチュアダックスフンドのモモちゃんは、体のかゆみ・脱毛があり、食欲はあるのにどんどん痩せてきてしまいました。 今まで皮膚病とお付き合いがなかったワンちゃんが、年を取って急に皮 …

ベルちゃん:ミニチュアダックスフンド

腰部椎間板ヘルニア 12歳のミニチュアダックスフンドのベルちゃんは、急に後ろ足で立つことができなくなりました。検査をしてみると腰の脊髄が2か所圧迫されていることがわかりました。 手術は脊椎をドリルで削り、脊髄を圧迫してい …

ライキちゃん:ボーダーコリー

前十字靭帯断裂 ライキちゃんは、12歳の散歩が大好きなボーダーコリーの男の子です。左の後ろ足が急につかなくなったので、検査してみると膝の前十字靭帯に損傷があることがわかりました。前十字靭帯を損傷すると、膝の関節に不安定性 …

ピュアちゃん:ミニチュアダックスフンド

頸部・腰部椎間板ヘルニア ピュアちゃんは後肢の麻痺を主訴に来院しました。検査の結果、腰の椎間板ヘルニアであることがわかり、手術を行いました。術後は良好で、後肢を使って立てるようになりました。 順調に回復していましたが、1 …

てんてんちゃん:マルチーズ

症状 てんてんちゃんは朝から食欲不振、血尿が出ていて立ち上がれないとのことで来院しました。 詳しく調べてみると貧血がひどく、赤血球数は116万/μl(平均500~800万/μl)に減少していました。 原因は自己免疫疾患で …

ジョリーちゃん:ミニチュアダックスフンド

  症状 椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニアは、ダックスフンド等の軟骨異栄養性犬種に起こりやすい病気です。軟骨異栄養性犬は椎間板の変性が起こりやすく、脊柱管内に椎間板物質が逸脱することがあります。 ジョリーちゃんは …

ムックちゃん:ミニチュアシュナウザー

症状:前十字靭帯完全断裂 13歳のムックちゃんは、散歩後右後肢をかばうようになったとのことで来院しました。レントゲン検査では、関節液の貯留、大腿骨顆と脛骨の顆間隆起の不一致が認められました。触診においても、膝関節の不安定 …

カイちゃん:Mix

症状:前十字靭帯完全断裂 膝の安定性に重要な役割をしている前十字靭帯が断裂すると、下の写真のように大腿骨に対して脛骨の前方変位が起こります。カイちゃんは2年ほど前に右の前十字靭帯の断裂を起こしました。今回は、左の前十字靭 …

小梅ちゃん:柴

症状:前十字靭帯断裂 膝の疾患の中でも比較的多くみられるもので、足をかばって歩くようになります。前十字靭帯は脛骨の内旋や、大腿骨に対して前方変位を防ぐ役目があります。前十字靭帯が完全断裂すると、半月板の損傷を引き起こすこ …

クロちゃん:Mix

症状:骨盤骨折 クロちゃんは17歳になるネコちゃんです。車にひかれて、骨盤を骨折してしまいました。 レントゲン検査で、左側の仙腸関節離断と同側の寛骨臼の骨折をしていることがわかりました。              寛骨臼 …

1 2 »

ゆう動物病院

豊田市大林町14丁目11-6

TEL:0565-74-0321

FAX:0565-74-0322

◆月~金
AM9:00~12:00 / PM5:00~7:30

◆土曜日
AM9:00~12:00 / PM4:00~6:00

◆休診日:日曜日・祝日

PAGETOP
Copyright © ゆう動物病院 All Rights Reserved.